装着方法によってコストや頭皮の痛みが異なる

取り付けの手法が変われば必要な時間や使用する器具やコストが変わり違うメリットが生まれます

エクステ渋谷の代名詞「ビーカフェ」で付けたい放題

お客様の毛質やスタイルに合った付け方を計算して専門の美容師が自信をもって担当します

次々により良い新しい手法が生まれる装着方法

  • TOP
  • 装着方法

エクステの装着方法と外し方

自毛を伸ばすのは大変な時間と労力がかかります。
でもエクステを使えば簡単に好みのヘアアレンジができるので若い女性を中心に
人気を集めています。
注目したいのはエクステのさまざまな種類による装着方法と外し方です。
この装着方法と材質のランクによってかかるコストも変わってきますのでメリットとデメリットを
よく知って選びましょう。

まずは編み込みです。
最初に行われたエクステはこの編み込みタイプのもので、三つ編みタイプと四つ編みタイプの
取り付け方法があります。
この編み込みタイプの最大のメリットは簡単に取れないので毎日の生活を安心して過ごせ、
エクステをまるで体の一部のようにして過ごせることです。
しかも細かい毛の量の調整やカラーを自在にブレンドして混ぜることができるのも
大きなメリットです。
細かい毛量やスタイル、カラーのこだわりがある方はこの編み込みタイプのエクステを選ぶことを
おすすめします。
特別な器具も使わないので寝ている時に頭が痛くなく快適です。

ただしこの様なメリットがたくさんある編み込みタイプもデメリットもあります。
それは取り付け、取り外しに時間がかかることです。
美容院ではほぼ二人係での施術になるので時間がかかりコストもかさんでしまうということが
あります。
取り外しは毛が絡んでしまうこともあり根気がいる作業になります。

金属チップでのエクステの取り付けはチップを毛に通して金属のペンチで潰すことで行います。
取り付けがスピードアップするというメリットがありますが、編み込みタイプに比べると
エクステが外れやすいという特徴があります。
取り外しの時間もそれほどかかりませんが金属のため、寝ている時に頭皮にあたって痛みがあることもまれにあります。

今はあまり使われなくなったグルーという方法もあります。
のりで取り付けるので頭皮の呼吸を妨げたり、毛髪を痛めてしまうことがあるのであまり現在では
行われていない方法です。

チューブタイプは熱によるチューブの圧縮により接着する方法です。
短時間で取り付けできるので比較的コストが安いというメリットがありますが、
取り外しに時間が掛かり、熱により髪もいたんでしまいます。
最近人気がある取り付け方法がシリコンキャップというものです。
柔らかいシリコンキャップを使用して取り付けるので頭皮に痛みもなく取り付け時間も短縮でき、
取り外しも楽という特徴があります。

このようにさまざまなコストや取り付け手法のエクステがありますので自分に合った方法で
おしゃれを楽しんでください。