エクステの失敗談は誰もが一度は経験している

付けた人がついついやってしまいがちな残念なミスは二度と繰り返さないように注意が必要です

エクステ渋谷の代名詞「ビーカフェ」で付けたい放題

お客様の毛質やスタイルに合った付け方を計算して専門の美容師が自信をもって担当します

予め対策方法を知ればエクステで失敗しない

エクステをつけるとき・つけた後での失敗例

エクステと言えば、短い髪の毛でもすぐに長い状態にする事が出来て、
色々な髪型を楽しむ事が出来るという上でなかなか魅力的な商品です。
また、現在では色々なところで手軽にそれを取り付ける事が出来るので、
例えば気分転換などでそれを利用する人もいます。

さて、そんなエクステですが、失敗というのはないのでしょうか。
実はこのエクステですが、残念ながら場合によっては失敗する事があります。
とはいえその失敗はどのような事なのかを知っておけばそれを防ぐこともできるのです。
従って、それを付ける時はまずはどのような失敗が起きる可能性があるかを知っておくこと、
そしてそれを防ぐ為には如何すればいいかを知っておくのがお勧めでしょう。

さて、エクステを付ける時ですが、どれくらい付けるかによってもかなり見た目が変わってきます。
また、取り付ける方法によって、髪のボリュームの出方が違うのをご存知でしょうか。
一般的には編みこみ式の方が超音波式に比べると同じ本数であればボリュームが出やすい傾向です。
だから、どの場合も同じ本数でOKかと言ったら実はそうではなくて、しっかりとその方法によって
色々と変えるのが重要といえます。
しかし、それを気にせずに本数だけにこだわって付けてしまったら、思った以上にボリュームが
出てしまって大変なことになる場合もあるのです。

また、付けたあと、おしゃれの為に逆毛を立ててしまった、なんていうのも実は
エクステを使っている時としてはNGです。
エクステは逆毛には弱いので、それをしたことによって簡単に絡まってしまいます。
また場合によっては地毛とどうしようもないような状態になるくらい絡まってしまう場合もあり、
そういう時は根元から髪を切らなければもう如何する事も出来ない、なんていう事だって
あるのです。

あとは、寝るときも注意する必要があるのです。
実は、寝る時は長さによっては2つに緩く縛る必要があるのですが、その時にもし三つ編みも
してしまったらどうなるでしょうか。
実はこれをすると、あの三つ編みの癖が見事についてしまいます。
勿論、寝るからと言って適当に編んでいたら、見事にその跡が付いてしまい、
それを直す事は容易ではありません。

このように、エクステにはつける時も、また付けた後も失敗する事があります。
従って、このような事にならないようにするためにも、色々な可能性を知っておいて、
それを予防する方法も合わせて知っておくようにするのが重要です。

-- container end -->