エクステの正しいケアはしっかりと洗うことから

地毛よりも扱い方に気をつけないと付けたばかりでも関係なく絡みどんどん傷んでいきます

エクステ渋谷の代名詞「ビーカフェ」で付けたい放題

お客様の毛質やスタイルに合った付け方を計算して専門の美容師が自信をもって担当します

絡まりやパサつきを防ぐためのエクステのケア方法

エクステのケア方法

短い髪の毛でも色々な髪型を楽しむ事が出来るエクステは、とても人気があります。
また以前に比べるとエクステを付ける値段もかなり安くなってきているので、
ちょっとした気分転換とか、色々な髪型を楽しみたい人などにも人気があります。
見た目的にもかなりナチュラルなので、自分の髪の毛なのか、それともエクステなのか
一目見ただけではなかなか分からない、という事も有ります。

さてそんなエクステですが、おしゃれを楽しむ上でもとても重要ですが、
そのケアはどのようにすればいいかご存知ですか。
エクステと言えば編みこみ式とか色々とありますが、髪に取り付けたままというのが一般的です。
自分の髪の毛ではないので、勿論伸びていく事はないのですが、
ちゃんと長持ちさせて使うためには、しっかりと手入れをするようにしなければなりません。
といってもそのお手入れ方法は特別難しいことではないので、
毎日コツコツとケアするようにするのがお勧めです。
そうする事で、エクステの寿命が延びていきます。

まず、エクステのケア方法の一つはしっかりと洗うという事です。
とはいえ自分の髪の毛と一緒にゴシゴシと泡立てて洗ってはいけません。
まずはシャンプーをする前にエクステにのみトリートメント等を付けるようにしましょう。
そしてその後、トリートメントを付けたまま、自分の髪の毛や頭皮をシャンプーで洗います。
そしてそこでやっと髪の毛を流す事になります。
このときはしっかりとエクステに付いているトリートメントも流すようにしましょう。
そしてその後、髪とエクステ両方にトリートメントをするようにします。
次に濡れた髪はそのままにしておいてはいけません。
濡れている状態で、洗い流さないタイプのトリートメントをエクステに付け、
その後しっかりとドライヤーで乾かす必要があります。
乾いたらそこで終わりではなく、もう一度エクステの毛先に洗い流さないタイプのトリートメントを
少しつけるようにします。
そうする事で毛先がバラバラになる事を防いで、纏まりのある毛先を作り出すことが出来るのです。

それ以外にも、寝るときもしっかりと注意するようにしましょう。
起きている時は色々と髪の方にも意識が向くので色々と注意する事が出来ますが、
寝ている時は別です。
だから寝ている時は出来るだけ絡まらないようにする必要があります。
その為にはエクステを緩めに縛って寝るという事が重要です。
軽く縛るだけなので殆ど跡も付かず、尚且つエクステが絡まるのも防ぐことが出来ます。
このようにお手入れをすると、大体1か月半程度はエクステを付けてからきれいな状態を
キープする事が出来ます。
特別難しいことではなくて簡単な事なので、このようにしてエクステのケアをするのはお勧めです。